「信頼すべき約束」

ハバクク書 2章1~4節

ローマの信徒への手紙 15章7~13節

 

 讃美歌236 “見張りの人よ” の歌詞は、救いの到来を待ち望む歩哨と旅人のやり取りです。同じように預言者ハバククはあたかも 1「歩哨の部署」につくように時代を見つめ、与えられる主の言葉に耳を澄ませたのです。

 B.C.7世紀の末期、その時代には「暴虐と不法」(1:3)が満ち、主もそれを放置されているように見えました。嘆き、繰り返し求めるハバククについに主から与えられたのは、罪のイスラエルを「懲らしめるため」(1:12)「カルデア人」(1:6)すなわち新バビロニア帝国が攻め込んで来るだろうとの恐ろしい幻でした。

 救いはないのかと食い下がるハバククに、主は 3「もうひとつの幻がある」その 2「幻を書き記せ。走りながらでも読めるように」を告げられたのです。それはすべてが正され祝福へと結ばれる 3「終わりの時」が 3「必ず来る」との約束でした。

 キリストは 8「神の真実を現すため」、その 8「約束を確証するため」に来られ、ついにはその喜びが世界を包むと伝道者パウロは語りました。

 2「走りながらでも読めるように」とは、どういうことでしょう。それは現実の山積する課題に右往左往しながらも、主の約束を携え行けということです。難しい時代をも 4「神に従う人は信仰によって生きる」と呼びかけられています。

コメントは受け付けていません。