収穫感謝合同礼拝 「すいかやメロンが忘れられない」

民数記 11章4~9節

 

 5「きゅうりやメロン、葱や玉葱やにんにくが忘れられない」、荒野の旅の途中で出エジプトの民は不平を洩らしました。 5「きゅうり」は私たちの知るものとは異なり、すいかのことだと思われます。すいかやメロンは美味しさに加えて、汗をかくと失われやすいカリウムに富み、暑いエジプトでよく食べられていたようです。 5「玉葱やにんにく」も元気が出る食べ物として、ピラミッド建設の時代から好まれていました。

 でもエジプトで民は奴隷だったのです。助けを求めうめき叫ぶ声を主が聞き届けてついに解放し、今約束の地へと導き上ってくださっているのに(出3:7~)、民は美味しいものが食べられるのならば束縛の方がましだとつぶやいたのです。こうした民に、主は20「ついに…鼻から出るようになり、吐き気を催すほどになる」まで肉を食べることができると約束されました。やがてうずらが押し寄せて約束は実現しましたが、その貪欲のために大勢の民は倒れたのでした(31節~)。

 貪欲に陥るとき、人は何かの奴隷となることを自ら求めるのです。これは昔も今も異なりません。そのような世と私たちに、私が憐れみと犠牲をもって解放したのだから「奴隷の軛に二度とつながれてはな」らないと主は呼びかけておられます(ガラテヤ5:1、4:9)。私たちにも与えられた自由の尊さ重さを、心に刻みたく願います。

コメントは受け付けていません。