宮城北地区の日交換講壇礼拝 「『塩の柱』の涙」

創世記 19章1~29節

 説教  布田 秀治 牧師 (いずみ愛泉教会)

 

 今年4月8日、セクシュアル・マイノリティの方に対する人権侵害・差別事件が起こされました。そこでは “聖書に書かれているから” と述べられます。聖書にどう書かれているのでしょうか。創世記19章は “ソドムの罪” が “同性間の性愛・性交” を意味すると考えられてきました。しかしここはそうではなく、hospitality=接待・歓待の大切さが書かれているのです。鍵になることは18~19章のつながりの中で読むということです。アブラハムの hospitality に対してイサク誕生の予告がなされたように(18:1~3・10)、ここではロトの hospitality に対して一族の命を守る約束が語られているのです(19:1~3・13)。この19章は、同性愛を禁止する内容ではないのです。

 26「ロトの妻は後ろを振り向いたので、塩の柱になった」と記されています。ロトの妻は神さまの命令に従わなかった不信仰のゆえに罰を受け、身を滅ぼしてしまったと解釈されてきました。しかしソドムの町には結婚して住んでいる娘たちがいます。その娘たち家族のことが気がかりです。そして、生き延びた自分を責める思いもあります。ロトの妻は後ろを振り返らずにはいられなかったのではないでしょうか。

 セクシュアル・マイノリティの人々に対する差別・排除が “聖書に書いてあるから” と正当化され、繰り返されてきました。そこには「自分と異なる人の生存権を踏みにじるゼノフォビア(外者恐怖症)の傲慢とホスピタリティの欠如」(山口里子)があります。そのために流された、数知れぬほど多くの涙の柱があります。私たちはその涙にこそ、思いを馳せたいと思うのです。

コメントは受け付けていません。