「信仰のないわたしを」

マルコによる福音書 9章14~29節
創世記 15章5~6節

 

 24「信じます。信仰のないわたしをお助けください。」、考えてみればこれはおかしな言葉です。この父親はこの息子が21「幼い時から」、あらゆる治療・助けを求めてきたことでしょう。そして主イエスのもとに辿り着きましたが、18「弟子たち」も癒すことができませんでした。父親が口にした22「おできになるなら」との言葉に神への諦めを見た主イエスは、なぜ信じようとしないのか、求めようとしないのかと叱責したのです。そのとき父親は反射的にこう答えたのでした。

 熱心な修道士だったM.ルターは拭い去れない自らの罪と、聖書に繰り返し現れる「神の義」(ローマ1:17等)との言葉との間で苦闘しました。裁き主なる神の前で、私は決して正しくあり得ないと悩んだのです。が、繰り返し聖書に取り組む中で、「神の義」とはそうした罪人を十字架の贖いをもって赦し受けとめてくださる神の恵みのことだとの理解に到達しました。「義」とは関係が正常につながっているということであり、それはただ神の「福音」(ローマ1:17)=喜ばしき訪れとして私たちに与えられるのです。

 24「信じます。信仰のないわたしをお助けください。」、こう叫んだ父親はこの信仰の原点に立ったのでした。この後主イエスが言われた29「祈りによらなければ」との言葉も、自らの欠けを知り、そのような私とも向き合ってくださる神を求めることです。

 この福音の原点を広く共有すべくM.ルターは1517年10月31日、ヴィッテンベルク城教会の扉に95ヶ条の論題を掲出し、ここから宗教改革が始まりました。この日から500年を数えます。

コメントは受け付けていません。