「霊も魂も体も」

ルカによる福音書 11章37~54節
イザヤ書 43章21~25節

 

 YMCA・YWCAの逆三角形のマークは、Sprit・Mind・Bodyの調和を目指すものと聞きました。神が「あなたがたの霊も魂も体も何一つ欠けたところのないものとして守り…」(Ⅰテサロニケ5:23)との聖書の人間理解を踏まえてのことと思います。

 主イエスはファリサイ派との論争において、40「外側を造られた神は、内側をもお造りになったではないか」と諭されました。私たちのすべては神によって造られ、それゆえに尊厳を帯びています。それなのに人間は、普段40「外側」ばかりを重んじて霊や魂(心)を軽んじながら、ひとたび体の欠乏が問題になると“それは心の問題だ”とその尊厳を貶めてきたのではないでしょうか(50節)。

 イザヤ43:21~は、私たちが神によって造られたとの栄誉を語ると共にその尊厳を貶めてきた人間の罪について指摘し、神はその25「背きの罪をぬぐ」われると告げました。その実現のために主イエスは「人間と同じ者」(フィリピ2:7)として来られ、霊も魂(心)も体も祝されるべきことを教え、そのために十字架に向かわれました。これら繰り返しての尊厳を頂いている霊も魂(心)も体を、私たちは守り大切にしていく責任を与えられていることを思います。

コメントは受け付けていません。