「よく見えてきて」

マルコによる福音書 8章22~26節
詩編 66編5~20節

 

 今日の盲人の癒しの話は、7:31~の聞こえず話せない人の癒しとよく似ています。その人を22「人々」が連れてきたこと、主イエスはその人を連れ出し向き合われたこと、そして親しく触れて癒されたことなどが共通しています。

 一方「たちまち」(7:35)よく見えるようになったのではなく、主イエスが繰り返し23・25「両手」を置かれた点が異なります。24「見えるようになって」25「よく見えてきて」25「見えるようになった」にはすべて違った原語が使われており、この人が見るべきものをはっきり見えるようにされていった様子がわかります。また主イエスが繰り返して癒されたと記されるのも、珍しいことです。

 前の箇所には18「目があっても見えないのか」との、弟子たちに対する言葉がありました。この後も彼らは見るべきものを必ずしも見通せず(9:6・32、10:38、14:40等)、主イエスの捕縛に際しては皆逃げ出してしまう有様です。が、主イエスは彼らを捨てられませんでした。むしろ十字架をもって赦し復活をもって祝され、そこから彼らは福音を証しする者として立っていったのです。

 私たちも世も愚かさからの転回と歩み出しを繰り返し必要としており、主イエスはそうした私たちに繰り返し触れ粘り強く導いておられるのではないでしょうか。

 併せて開いた旧約の詩人は、出エジプトといういにしえの大いなる御業を仰ぎつつ、自らにも16「成し遂げてくださった」神の20「慈しみ」を感謝し証ししています。このように私たちも主の繰り返しての慈しみと導きにあって、今を得ています。感謝しつつみ旨を求めて与えられた今を歩むこと、それが主に応えゆく道であることを思います。

コメントは受け付けていません。