「なぜパンがないと議論するのか」

マルコによる福音書 8章14~21節
エレミヤ書 5章20~25節

 

 14「パン」は旧約・新約時代を通して、生活を支える主食でした。但し、今日のような小麦のパンはぜいたく品で(王下7:1等)、庶民はフスマ入りであったり大麦・雑穀で作った固いパンを食べていたようです。主イエスが19「五千人に…裂いた」のもヨハネ福音書によれば大麦のパンでした(ヨハネ6:9)。

 さて舟での移動に際し、弟子たちはうっかりしてパンを一つしか持って来なかったのです。彼らはうろたえ、論じ始めました。そうした弟子たちに主イエスは、15「ファリサイ派…とヘロデのパン種によく気をつけなさい」と口を挟まれたとあります。それは、どんなパンでも良いわけではないぞ、との意だったと思われます。15「パン種」とは焼く際に用いる酵母ですが、これに雑菌が混じると糸をひいたり臭かったりひどいパンになるからです。

 でもその言葉を、弟子たちは自分たちへの叱責だと勘違いしました。彼らはパンがないことにすっかり縛られていたのです。主イエスはむしろそのような弟子たちのあり様をたしなめられました。

 主イエスのもと19「五千人」は19「五つのパン」を、20「四千人」は20「七つのパン」を分かち合い満たされたのです(6:30~、8:1~)。その私が共にいるのに、なぜパンがないと議論するのか、なぜ囚われているのかと嘆息されたのでした。

 エレミヤ5:20~には、根源なる神への信頼を忘れた民の罪が指摘されています。15「ファリサイ派…のパン種」とは自らこそ正しいとする頑なさ、15「ヘロデのパン種」とは力への信仰であり、こうしたものは神の大いなる恵みすら変質させると主イエスは指摘されました。「人はパンだけで生きるのではなく、…主の口から出るすべての言葉によって生きる」(申8:3)と告げられたことを、今日の私たちも心に刻まねばなりません。

コメントは受け付けていません。