第95回教会音楽の夕べ

仙台北教会創立130周年、ならびに「讃美歌21」刊行20年を記念して、
教会音楽の夕べを開催します。

オルガン  今井奈緒子
ソプラノ   菅 英三子

「仙台北教会」の前身は,新島襄を校長とする「東華学校 (宮城英学校) 」の
教師たちによって設立された「宮城組合教会」です。
その後,「仙台東三番丁教会」の時代を経て,現在に至ります。

1887年 (明治20年) 創立当時,礼拝での讃美歌は、
聞き覚えでいくつかの歌が歌われていたのではないかと推測されます。
1900年代に,小学校での「唱歌」が必修になり,歌うことが一般的なこととなり、
讃美歌も、楽譜表記や訳の変更など様々に編纂や改訂が行われてきました。

 このような時代の流れの中,「讃美歌21」が出版され20年となります。
オルガンに今井奈緒子氏,ソプラノの菅英三子氏をお迎えし,その魅力に迫ります。

 

◇  曲 目  ◇

いつくしみ深い 493 in G
主われを愛す 484 in Es
オルガンソロ 「キリエ、とこしえの父なる神よ」 BWV669 J.S.バッハ

いかに幸いなことだろう 125 in G
神はわがとりで 377 in D
オルガンソロ 「神はわが堅き砦」 J. パッヘルベル

オルガンソロ 「キリストは甦りたまえり」 BWV627 J.S.バッハ
イエスの担った十字架は 305 in a
ガリラヤの風かおる丘で 57 in E

オルガンソロ 「慰め」 F. リスト
球根の中には 575 in As

 

日 時   10月15日(日)  14:00 開演 (開場 13:30)

料 金   2000円 (全席自由)

会 場   日本キリスト教団 仙台北教会

 

コメントは受け付けていません。