「エッファタ - 開け」

マルコによる福音書 7章31~37節

イザヤ書 35章1~10節

 

 34「エッファタ」、これは主イエスが喋っておられたアラム語で34「開け」を意味する言葉です。口語訳聖書では「エパタ」と訳されていました。東京牛込に、エパタ教会があります。日本聾唖学校の歴史から生まれたこの教会は、今“外に向かって開かれた教会”を目指して歩んでおられます。

 ガリラヤ宣教に勤しんでおられた主イエスは、今日の箇所の前段で周辺の異邦世界に足を運んで働かれました。24節~に示唆されていますが、そこではユダヤ人と異邦人の壁を肌で感じられたことでしょう。そして今日の世界も互いの言葉通じず、分断と敵意を重ねるあり様を繰り返しています。ここで32「耳が聞こえず舌の回らない人」になさった主イエスの親しい癒しの業は、今日も求められていることを思います。

 大国に脅かされる情勢の中、主なる神の支配を見失い「見ることなく…聞くことなく…理解することなく」(イザヤ6:10)なった民の中に遣われた預言者イザヤは、主の救いが訪れる時 5「見えない人の目が開き、聞こえない人の耳が開」き、主によってもたらされる喜びと平和の実現を味わうと語りました。

 見るべきものを見、聞くべきことを聞かせてくださいと、祈り求めねばなりません。また、この32「耳が聞こえず舌の回らない人」は周りの32「人々」によって32「連れて来」られたのでした。人を大切にし労する大切な交わりがあったのだと教えられます。私たちもかくありたく願います。

コメントは受け付けていません。