「立ち直ったら、力づけてやりなさい」

ルカによる福音書 22章31~34節
創世記 32章23~31節

 

 33「主よ、御一緒になら、牢に入っても死んでもよいと覚悟しております」、31「シモン」ペトロはこう誓いましたが、主イエスは34「あなたは今日、鶏が鳴くまでに、三度わたしを知らないと言うだろう」と予告されました。そしてその言葉の通り、ペトロは自らの弱さに敗れていきました(22:54~)。

 31「ふるい」は必要な実だけが残るよう、脱穀した31「小麦」を選り分ける道具です。敗れたペトロは主の言葉を思い起こし、私には残る真実がなかったと悔やんだことでしょう。でも主は、このペトロの弱さと共に、32「あなたは立ち直ったら、兄弟たちを力づけてやりなさい」と再起をも予告しておられました。試練のふるいにかけられてもなお残る真実がある、と主は言われたのです。

 それは、小さき者を覚えての32「祈」りであり、その試練を分かち担われる主の十字架であり、試練を越えて復活され今も生きて働かれる主の臨在です。この主に出会い(24:34)、ペトロは再び立ち上がり主の証人として歩みました。

 かつて騙しうちにした兄エサウとの再会という人生最大のハードルを前にして一人呻吟するヤコブに、その夜25「何者か」が現れ夜明けまで格闘しました。一番苦しいときにその悩みを共にしてくれたこの方にヤコブは神の姿を見、その臨在に30「祝福」を頂いて、ついにエサウとの和解を果たしたのでした(33:1~)。

 この真実なる方が今も共におられることを共々に仰ぎ見たい、そう願います。

コメントは受け付けていません。