「賜物としての食物」

マルコによる福音書 7章14~23節
コヘレトの言葉 9章7節

 

 マルコ 7章には、 1「ファリサイ派の人々と…律法学者たち」と主イエスとが激しく対立したことが記されています。事は、何をどう食べるかについてのユダヤ人の慣わしをめぐってでした。主イエスはこれらが10「モーセ」の律法に遡ることを認めつつも、ファリサイ派らがそれらを私物化し他者を貶めていると厳しく戒められました。次いで食べ物は19「人の心の中に…ではなく、腹の中に入」るのだから、人を汚し得ないのだと主イエスは宣言されたのでした。

 コヘレトの言葉は人生の空しさを様々な角度から論じ続ける特異な書物ですが、神の恵みのもとに食べることについてはこれを讃えています(2:24、3:13、5:17、8:15)。そして、 7「さあ、喜んであなたのパンを食べ、気持ちよくあなたの酒を飲むがよい。あなたの業を神は受け入れていてくださる。」と呼びかけるのです。但し貪欲や不公正なあり方は退けられており、(5:11・16、10:16)、食べることがいずれも神の祝福と結びあわされていることに留意すべきでしょう。

 今日私たちは飢餓と飽食、さらには食物の極端な商品化の時代に生きています。食物の基礎である“種”は今、一代しか収穫できないF1種が主流となり、遺伝子組み換えがなされ、一部企業による寡占化が進んでいます。日本では今年これに迎合するように、原種を都道府県が大切に管理するという “種子法” が廃止されてしまいました。

 食物は神の祝福・賜物であり共々に分かち合うべきものとの聖書のメッセージは私たちの生き方の指針であると共に、今日の世界に対する警告でもあります。主イエスは20「人から出てくるものこそ、人を汚す」と言われました。神の祝福をも侮り変質させていく人の罪・世の罪を警戒せねばなりません。

コメントは受け付けていません。