「十二の籠にいっぱいになった」

マルコによる福音書 6章30~44節
申命記 24章19~22節

 

 神の国の宣教へと派遣された30「使徒たち」が帰ってきたとき、主イエスはご自身のように(1:35)31「人里離れた所」で祈り休息をとるように促されました。が、人々はなおも一行について来たのでした。その数は44「五千人」以上だったといいます。

 こうした人々の求め、そして34「飼い主のいない羊のような有様」を主イエスは34「深く憐れ」まれ、再び働かれたのでした。やがて時も経ち、今日はもう終わりにしましょうと言う弟子たちに、主イエスは皆の食事を整えるよう求められたのです。

 41「五つのパンと二匹の魚」しかありませんでした。でも主イエスによってこれが分かたれたとき、42「すべての人が食べて満腹し」さらに屑と残りは43「十二の籠にいっぱいになった」のでした。神の国を思わせる祝福、そして分かち合いでした。それは、前段のヘロデの21「宴会」と並べると一層明らかです。主イエスの許では、誰もが分け隔てなく喜びにあずかったのです。

 これは世では味わえない遠い出来事なのでしょうか。いや、これはあなたがたが見聞きしていることなのだと主イエスは言われます(ルカ7:22)。今年42回目を数える平和七夕、被災者支援センター・エマオに集った8500人を超えるボランティア…と、私たちはその時々に神の国にも連なる不思議・恵みを味わっています。

 43「十二の籠」の分はいなかった人へと、さらに分かたれたことでしょう。これは尽きることのない神の恵みと、その分かち合いに加わりなさいとの私たちへの招きを意味しています。

コメントは受け付けていません。