「この人たち以上に」

ヨハネによる福音書 21章15~23節

 

 説教  栗原 健 教師 (宮城学院大学准教授)

 

 他人の信仰が素晴らしく見えて、“それにひきかえ自分は”と劣等感を持つことはないでしょうか。主イエスは人の信仰を“比較”されるのでしょうか。

 今日の聖書個所には“比較”に聞こえる言葉がありますが、その“比較”は私たちが思うものとは全く異なります。復活された主は、ペトロに15「この人たち(他の弟子たち)以上に私を愛するか」と尋ねます。ペトロには、他の人より抜きんでたものがあったのでしょうか。もしあったとすれば、それは、彼が三度「イエスを知らない」と公言してしまい、他の弟子たちよりも深い挫折に落ちてしまったということです(18:15~)。主は、そのペトロの失意の底にまで降りて来て下さいました。ペトロが他の者よりもイエスを愛したのではなく、他の者よりも大きく失敗したペトロに、主がより大きな愛を注いで下さったのです。

 私たちは、失敗をしても他者と自分を比較して失望してはいけません。主イエスの十字架は、神様が私たちのことを絶対にギブアップしないという約束のしるしだからです。主に感謝して進んで行きましょう。

コメントは受け付けていません。