「神の国の豊かさ」

マルコによる福音書 4章1~9節
イザヤ書 5章1~7節

 

 年に一度の教区総会が終わりました。その伝道の歴史から、東北には小規模な教会が多くあります。このことはかつて、マイナスの文脈で語られることが多かったように思います。が、2004年度を中心とした機構改革に取り組む中で、それは小さな町々にも教団の教会があって十字架のもと礼拝する群れがあるという東北に与えられた豊かさなのだと気づかされてきました。それは「1タラントン」かもしれないけれども「地の中に隠して」はいけない(マタイ25:14~30)、ご用のため共々に用いていこうと始められたのが、現在取り組まれている “宣教共働” の働きです。

 ガリラヤ湖のほとりで、主イエスは 3「種を蒔く人」の譬を語られました。ただ不思議なことに、この人はえらく気前よく種を蒔くのです(イザヤ28:24~25)。結果、 4「道端」 5「石だらけで土の少ない所」 7「茨の中」に落ち、実りに至らなかった種もありました。

 今日併せて開いたイザヤ5:1~を踏まえ、主イエスは12章でぶどう園に送られた一人息子の譬を語っておられます。大きな恵みを頂きつつ良き実りへと至らない世界をなお慈しみ救いへと導くために、主イエスは十字架で犠牲となられ復活を遂げられたのです。

 13節~に、種とは14「神の言葉」であると明かされています。 8「三十倍…六十倍…百倍」の実りに至れとの期待と祈りをもって、14「神の言葉」はこの世界の隅々に蒔かれています。その成長の恵みにあずかる私たちでありたく願います。

コメントは受け付けていません。