「主の派遣を身に帯びてこの今を生きよう」

ヘブライ人への手紙 10章19~25節
イザヤ書 52章7~10節

 

 今日開いたヘブライ10:23は2017年度宣教活動計画案の聖書箇所、説教題は主題です。

 イスラエル人の神殿には一般人の立ち入りが制限された19「聖所」があり、神が顕現するとされる最奥の至聖所には大祭司が年に一度しか入ることができませんでした(9:7)。が、主イエスは十字架の犠牲によって神に連なる20「新しい生きた道」を開いてくださったのだから(9:11~)、信仰者は主イエスと共に安んじて神のみ前に進み出ることができる、と著者は語ります。

 神と共に歩むことができるとのこの23「真実」な23「約束」を帯びて、私たちは生を与えられ、それぞれ具体的な時と場所へと派遣されています。そこには様々な課題もまたありますが、この“今”は主がついにはもたらされる完成の25「かの日」につながっていると聖書は語ります。そのことを礼拝において確かめ、23「希望を…保ち」24「愛と善」に生き25「励まし合」いつつ今を歩もうと呼びかけられています。

 当教会は創立から130周年を数えました。代々の信徒らが恵みと使命を覚えてそれぞれ派遣された生を歩んだように、私たちもこの年の歩みに向かい行きたく願います。

コメントは受け付けていません。