「和解の福音」

使徒言行録 20章17~24節
エフェソの信徒への手紙 2章14~22節

 

 第三伝道旅行を終えて出発するパウロが、エフェソ教会の長老たちと別れを惜しんだ箇所です。この時パウロは大きな危険を予期しつつ(22・38節)、22「エルサレム」を目指していました。それはこの旅行中に異邦人教会で集めた献金を、エルサレム教会に届けるためでした(ローマ15:25~)。

 当時吹き荒れていたユダヤ国粋主義はユダヤ人と異邦人の間に亀裂を生じさせ、それは律法問題という形で教会にも影を落としていました。そのような中、パウロは献金運動を通して異邦人教会とユダヤ人教会に橋を架けようとしたのです。互いは共に、キリストの十字架によって招かれ結ばれた兄弟姉妹であるからです(Ⅰコリント1:18~25、ローマ3:29~31)。一致と連帯を再確認し、かつて合意した伝道パートナーシップ構想(ガラテヤ2:9~10)を具体化することをパウロは自らに与えられた24「任務」と考えたのでした。

 しかしそれは危険を伴うことでした。そして実際、パウロはエルサレムで捕縛され(21:27~)、ローマへ囚人として送られることになります(27:1~)。使徒言行録ははっきりと記しませんが、パウロは捕らえられたままで、その生涯を全うしたのだと思われます。

 エフェソ2:14~は、キリストの十字架にあって人は16「神」との16「和解」に招き入れられ、さらに他者との15「平和」にも導かれると告げています。パウロはこの主に召され押し出され、現実の和解のため労したのでした。そして代々の信仰者たちもまた、それぞれの時代において和解のために働きを捧げてきたのです。

コメントは受け付けていません。