3月のおたより

 昨年7月のおたよりで、当教会のリードオルガン1台が、教区センター・エマオのリード・オルガンのメンテナンス・クラスで修理・調整され、礼拝堂に設置されたことをお伝えしました。

 今回さらに1台が同様に修理・調整され、教会に帰ってきました。その修理段階で、オルガン内部に製造番号の刻印が見つかり、製造年が1913(大正2)年であることが判明しました。この翌年、当教会は東三番丁にデフォレスト記念会堂を献堂していますから、この完成に合わせて入手、用いられたものと思われます。その後、このオルガンは月見岬キャンプ場の小屋に設置され、青年たちの礼拝に用いられました。

 1945年7月、仙台空襲でデフォレスト記念会堂は焼失。そこで礼拝のため、このオルガンを運ぶことになりました。青年たちが月見岬からオルガンを船に乗せ、塩竃からはリヤカーに載せて仙台まで運んできたそうです。

 1996年、月見岬にジレットハウスが献堂されて、このオルガンは再び月見岬で用いられましたが、数年前に風袋が破れて使えなくなっていました。この度、修理のためオルガンを解体すると、ほとんど全ての部分に傷みが進んでいることがわかったそうです。風袋やバルブの修理、鍵盤まわりのフェルトの取替え、さびた金属部品の研磨、緑青のついたリードは酢で洗ってきれいにされ、板に生じた割れ目には薄い板が挿し入れられるなど、ていねいな修理がなされました。新たに譜面台と椅子も作られました。

 ストップを持たない総2列構造の小型なものですが、専門家の方から “響きの美しさ” の太鼓判を頂きました。この3月12日の創立130周年記念礼拝では、その内103年を歩んできたこのオルガンの響きで、主なる神と代々の先人たちを思いつつ賛美をします。心をこめ、大切に修復くださった皆さんに感謝します。

コメントは受け付けていません。