「神の御心ならば」

使徒言行録 18章18~23節
箴言 16章1~9節

 

 パウロが第二伝道旅行を終えて22「アンティオキア」に帰着、しばらくして第三伝道旅行に出発した箇所です。まず言わば喧嘩別れした相手である22「エルサレム」教会 (ガラテヤ2:11~) を訪問していることに驚きます。意見は異なっても、お互いは主なるキリストを宣べ伝えるパートナーであるとパウロは確信していたのでしょう(ガラテヤ2:9、フィリピ1:18)。

 また第二伝道旅行の最後に宣べ伝えた19「エフェソ」は、パウロにとって思い入れのある町だったはずです。旅の当初伝道を計画しつつ、主に阻まれ断念した経緯があったからです(16:7)。約3年ぶりに訪問を許され、町の人々にも好意的に迎えられ、うれしかったことでしょう。が、パウロは21「神の御心ならば、また戻って来ます」とエルサレムに向かったのでした。そしてこの21「御心」は第三伝道旅行において、成就しました。

 9「人間の心は自分の道を計画する。主が一歩一歩を備えてくださる。」とあります。 9「自分の道」に力を尽くしつつも、大いなるまなざしの内にその私が捉えられていることを知る者の安心、そして強さを思います。

 1886年押川方義は、仙台に英学校を創るにあたって当時ライバル関係にあった新島襄を自らの教会 (現・仙台東一番丁教会) に招き、新島は十字架上で敵のために祈ったキリストの広く高く深い愛こそが私たちを引き寄せまた歩ませるのだと説教しました。自らの思いを超えた21「神の御心」を仰ぎ、この二人もまた信頼を交わしたのでした。

コメントは受け付けていません。