「わたしの民が大勢いる」

使徒言行録 18章5~11節
列王記下 6章15~23節

 

 パウロは 1「アテネを去ってコリント」に着いたときのことを、「わたしは衰弱していて、恐れに取りつかれ、ひどく不安でした」(Ⅰコリント2:3)と振り返っています。と共にこの地で「イエス・キリスト、それも十字架につけられたキリスト以外、何も知るまいと心に決めていた」(同2:2)といいます。

 コリントは要衝にあって繁栄した、またそれゆえ世俗的でもある港町でした。宣教を開始したパウロは頼もしい協力者に出会いましたが(2・7節)、激しい迫害にもさらされました(6・12節)。

 そうしたある夜、パウロは幻の内に主から語りかけられました。 9「恐れるな。語り続けよ。…この町には、わたしの民が大勢いる…。」この主の言葉と、先のパウロの決意とは響き合っているように感じます。自らの非力を振り返り、パウロはこのとき 9「恐れ」の中にあったのではないでしょうか。でも、自らもこの町もすでに主の慈しみの眼差しの内に置かれていること、そして主はこの先の祝福を見通しておられることを知らされ、パウロは自らの役割に向かう決意を新たにしたのでした。

 敵軍に包囲されうろたえる従者に預言者エリシャは16「恐れてはならない。わたしたちと共にいる者の方が…多い」と呼びかけ、背後にいる天の軍勢を見せたのでした。この箇所は“何を見るか”がテーマになっています。エリシャは目に映るもののその先を見通す眼差しで、恩讐を越えて事を平和裏に解決してしまいました。

 主イエスがいつも来たるべき祝福から、今のあり様をご覧になっていたことを思い起こします(ヨハネ9:3、マタイ5:3、マルコ4:31等)。この主に信頼しつつ、それぞれに与えられた働きに向かいゆきたく願います。

コメントは受け付けていません。