クリスマス礼拝 「栄光の回復のため」

ローマの信徒への手紙 8章18~25節
創世記 9章9~17節

 

 C.ウェスレーが作詞した讃美歌262の原詞最終節は、“一度は失ったあなたをさあ取り戻そう…あなた自身のすべてに参与しよう” と歌います。また日本語3節の“死すべき人”の部分は、加えて“大地の子をすべて”と歌われています。ここには、贖罪によるすべての聖化というメソジスト教会の特徴がよく表れています(川端純四郎『さんびかものがたりⅡ』)。

 洪水の後の再契約の際、主なる神はすべての生き物と契約を結ばれました(創9:10)。これは、人間が命・大地について正しく責任を守っているか、動物たちが言わば監視役として召されたことを意味しています。主イエスが飼い葉桶に降誕された際、そこにいた動物たちもまたその栄光に浴しました。それは主の救いが、ついにはすべての被造物に及ぶことを指し示していましょう。

 「天は神の栄光を物語り、大空は御手の業を示す」(詩19:2)、「彼らは皆、わたしの名によって呼ばれる者。わたしの栄光のために創造し、形づくり、完成した者。」(イザヤ43:7)と、世界と命は神の祝福に置かれ、その栄光に帰せられるべきものであると告げられています。

 しかし人間の罪への堕落はそれらを破壊し、世界と命を20「虚無」に服させるのです。その現実の中で、人間も動物も環境も22「被造物がすべて…共にうめき、共に産みの苦しみを味わっている」のが今という時だと語られています。なぜ22「産みの苦しみ」なのか、それは主イエス・キリストの降誕そして十字架と復活によってすべては栄光へと再び結ばれるとの約束がすでに与えられているからです。

コメントは受け付けていません。