「『主は我らの救い』と呼ばれる」

エレミヤ書 31章10~16節
ペトロの手紙 二 1章16~19節

 

 讃美歌243 “闇は深まり” は、ナチス・ドイツ政権下にベルリンで生きた詩人 J.クレッパーの作詞によります。繰り返し歌われる“闇”には、彼自身が味わった苦難・苦悩が響いています。

 2人の娘をもつユダヤ人女性と結婚した彼は、ナチスによる迫害によって次々と職を、また作品を発表する自由も奪われていきました。そうした中、発表された作品はいずれも緊張と深さをたたえています。1939年、長女をイギリスに出国させることに成功します。残った家族3人が強制収容所送りとなる危険が迫る中、クレッパーはあらゆる道を探りますがそれは潰え、3人は1942年12月自死を選んだのでした。最後の日記には部屋に置かれたキリスト像に触れて“私たちの頭上には、祝福し今も闘っておられるキリストが立っておられる”と、神への信頼を固く抱きつつも死を選びとらざるを得なかったその思いが示されています。(クレッパーの生涯は、宮田光雄 『いのちの証人たち-芸術と信仰』 に纏められています)。

 今日の箇所の預言は、戦乱で10「廃墟」となった都エルサレムの「獄舎」の中で語られたの ものです(1節)。すべてがなぎ倒された荒廃を目の前にしつつ、主に導かれてエレミヤは、そこに15「正義の若枝」が生え出てついには15「公平と正義」がこの国に宿るようになると告げたのでした。

 この後500年余を経て降誕された主“イエス”の名は、16「主は我らの救い」を意味します。混迷また闇が深まる中にも、この世界を捨てることなく希望に導くとの主の約束が私たちを支え導くことを(Ⅱペトロ1:19)このアドベント第1週に心に留めたく思います。

コメントは受け付けていません。