「狭い戸口から」

ルカによる福音書 13章22~30節
エレミヤ書 21章8~10節

 

 千利休の時代、茶室ににじり口が設けられるようになりました。間口60数センチ四方というこの小さな入り口には、その身分を問わず誰もが正座して頭を下げねばくぐれないとの意味があるといいます。入ろうとする者は、まずここで茶に向かう態度を問われるのです。

 主イエスが語られた24「狭い戸口」にも、そうした意味がありましょう。ヨハネ10:9で主イエスは「わたしは門である。わたしを通って入る者は救われる。」と語られました。救いという大きな祝福を求める者に、主イエスご自身が「戸口」「門」となってそのあり方を問うのです。個々人も世界全体も、広く安易な道は滅びに到るとの警告を心して聞かねばなりません。

 B.C.587の新バビロニア帝国によるエルサレム陥落を前に、預言者エレミヤは都を守ろうと抗戦することは 8「死の道」であり、降伏して捕囚とされることがむしろ 8「命の道」だと語りました。真の希望と祝福に到るためには、苦難をもくぐらねばならない時があることを、エレミヤは断固として語り続けました。

 昨年11月の礼拝で、W.W.J.D(What Would Jesus Do?)との言葉を紹介しました。主イエスだったらどうなさるだろう、道を選び取るとき主のみ旨を仰ぐ私たちでありたく思います。

コメントは受け付けていません。