「主を頼みとして」

使徒言行録 14章1~7節
詩編 33編12~22節

 

 バルナバとパウロが辿った第一伝道旅行の旅程について、使徒言行録の著者は簡単に地名を記すだけですが、小アジアに渡ってから(13:13)アナトリア高原の町デルベ(14:20)までの道程は実に500kmを越え、標高差も1000m以上あります。そうした道を二人は荷物を担いで、野宿しながら歩いて旅を続けたのでした。デルベからそのまま街道を東に進むとパウロの故郷タルソスを経て、アンティオキアに帰ることができます。が、二人は来た道を引き返して往路で出会った信徒たちを励ましました(14:21)。

 主イエスの十字架による罪の贖いを「信じる者は皆…義とされる」(13:39)と語った二人はユダヤ人から激しい迫害を受けることになります。リストラでは石打ちで殺されかけすらしましたが(14:19)、 3「主を頼みとして勇敢に語った」のでした。

 パウロはのち、Ⅱコリント11:23~で数々の艱難の体験を振り返っています。第一伝道旅行はパウロにとって、こうした苦しみの始まりでもありました。が、パウロはこの振り返りを、 9「力は弱さの中でこそ十分に発揮される」10「わたしは弱いときにこそ強い」との言葉で閉じています。自らの内にある何物でもなく、私たちを生かすために命をも分け与えられた十字架のキリストこそが万民を解放するのであり、私はその方を宣べ伝えるとパウロは語りました(Ⅰコリント1:21~)。主の十字架を仰ぎ、生き、そこに顕わされる復活の力に与ること、これが彼の強さの源泉でした(Ⅱコリント4:7~)。

コメントは受け付けていません。