「未来と将来」

ローマの信徒への手紙 13章11~14節
エレミヤ書 28章8~14節

 

 本日“仙台北教会の未来”をテーマに、今年度のコイノニア会(修養会)を開きます。日頃慌ただしく“今”の課題に向かっていますから、共々にこれからを展望するよき機会としたく願います。

 これからを表す言葉には、“未来”のほか“将来”もあります。前者は“未だ来ていない時”であり、後者は“将に来たらんとする時”です。

 今日の箇所11節は、神の歴史に位置づけられた時カイロス、現実に流れゆく時ホーラと二つの原語を使い分け、今がどういう時でなにを為すべきかは神の歴史に照らしてこそリアルにわかると語っています。震災の年、この箇所は一つの指し示しとなりました。震災が神の計画にどう位置づけられるのかとの問いに簡単に答は与えられませんが、それを求める中で教会は被災者支援センターや放射能問題支援対策室を立ち上げ、働きへと導かれてきました。

 神の計画は時に厳しくもあります。バビロン捕囚期の初め、エレミヤは囚われの期間は10「七十年」に及ぶと預言しました。人々はこれに失望し、偽りの 8「預言者や占い師」の楽観論にすがろうとしたのです。そうした中、主は11「将来と希望を与える」11「平和の計画」を心に留めておられるのであり、今の試練はこの計画に位置づけられているのだとエレミヤは語りました。

 歴史を御手に治められる主のみ旨を求めるときに、私たちの今に基盤と方向が与えられ、未来は将来へと変えられていくことを心に刻みたく思います。

コメントは受け付けていません。