「人を動かすもの」

ルカによる福音書 15章1~7節
申命記 7章6~8節

 

 アラビア半島には、今日もベドウィンと呼ばれる遊牧民がいます。ある人がこの譬を持ち出し、 4「一匹を見失ったとすれば、九十九匹を…残して、見失った一匹を見つけ出すまで探し回」りますかと尋ねたところ、“いいや、九十九匹のほうが大切だ”との返事が返ってきたそうです。この答は、最大多数の幸福を求める人間的判断を代表しています。しかし主イエスは、 4「一匹を見つけ出すまで探し回らないだろうか。…見つけたら、喜んで…家に帰り、…『一緒に喜んでください』と言うであろう」と言われるのです。

 この羊飼いが主イエスご自身だとすると、その目に映っているのは百匹中の一匹ではなくてそれぞれ名前のついた一匹なのでしょう。主イエスは「自分の羊を知っており、羊もわたしを知っている」(ヨハネ10:14)がゆえに、危険を冒してでも捜しに出かけるのです。

 申命記7:6~には、 7「あなたたちはどの民よりも貧弱であった」がゆえに 6「宝の民とされた」という不思議な選びが記されています。そしてこの選びはイスラエルにとどまらず、すべての民に及ぶものだと聖書は語っています(創世記12:3)。

 それぞれ名前のついた私、違った個性をもった私、存在の重さをたたえた私、そこに目をとめられ呼びかけられたときに、人は動かされます。主のそのまなざしと声はあなたにも届いていると、呼びかけられています。

コメントは受け付けていません。