「この事実の証人」

使徒言行録 5章17~32節
イザヤ書 46章1~4節

 

 ペトロら使徒たちは捕らえられ脅しつけられても、繰り返しエルサレム神殿の境内に現れ、主イエスの福音を語り続けました(311~、512~・25)。三度目の捕縛・尋問の場で、ペトロらは29「人間に従うよりも、神に従わなくてはなりません」ときっぱりと答えたのでした。

 荒波にうろたえ主イエスに泣きついた弟子たち(ルカ824)、十字架を前に切に祈られる主イエスの傍らで眠り込んだ弟子たち(同2245)、主イエスを知らないと言ってしまったペトロ(同2261)を、何がここまで強くしたのでしょう。

 それは20「命の言葉」でした。ヨハネ福音書が告げているように、神の「言は肉となって、私たちの間に宿られた」(ヨハネ114)のです。主イエスが十字架と復活を遂げて31「救い主」となられたこと、この世に現れた20「命の言葉」が弟子たちを力強く立たせたのでした。弟子たちが語った32「わたしたちはこの事実の証人」との言葉の、32「事実」の原語は20「言葉」と同じレーマです。

 信仰者は神が顕わされる出来事・み言葉によって担われ、またその言葉を証しします。旧約の預言者は、偶像はいくら立派だとしても主なる神のように私たちを担い得るものではないと告げています(イザヤ461~)。

 聖霊によって強くされ、福音の証人とされたといっても、ペトロらはなお欠点を抱えた人間でした(1014、ガラテヤ211)。しかし主はそうした者をご自分の証人とされ、福音は世界へと広がっていきました。その20「命の言葉」は今、私たちにも及び、担い、導いています。

コメントは受け付けていません。