宮城北地区交換講壇礼拝 「それでもなお」

マタイによる福音書 17章14~20節

 

 説教  小鮒 實 牧師 (石巻栄光教会)

 

 てんかんで苦しんでいる子(悪霊に取りつかれていた子)を弟子たちは治せなかった。そのとき、イエス様は17「なんと信仰のない、よこしまな時代なのか。いつまでわたしはあなたがたと共にいられようか。いつまで、あなたがたに我慢しなければならないのか。」と言われました。 しかし、それでもなお17「その子をここに、わたしのところに連れて来なさい」と言って、その子をいやされたのがイエス様でした。

 また、19「なぜ、わたしたちは悪霊を追い出せなかったのでしょうか」と尋ねた弟子たちに対して、イエス様は20「信仰が薄いからだ。はっきり言っておく。もし、からし種一粒ほどの信仰があれば、この山に向かって、『ここから、あそこに移れ』と命じても、そのとおりになる。あなたがたにできないことは何もない」と語られました。

 私たちは17「なんと信仰のない、よこしまな時代なのか」と言われれば、正にその通りですから何も言えない。20「信仰が薄いからだ」と言われれば、これも“その通りです”と言うしかない。20「からし種一粒ほどの信仰」もないのかと言われれば、“そうかも知れません”と答えるしかない。でも、だからといって、それで決しておしまいではありません。

 イエス様は、私たちが20「からし種一粒ほどの信仰もない」ダメな人間であることなんて、十分承知しておられるのです。でも、こんな駄目な私たちであっても、イエス様は私たちを愛して下さり、励まして下さるのです。その具体例が、悪霊に取りつかれていたてんかんの子どもをいやされたということ。そして、本当に神様を信じ、イエス様を信じるならば20「あなたがたにできないことは何もない」という、この御言葉だろうと思います。

 私たちは、たいした信仰を持っている訳ではありません。それでもなお、イエス様は私たちを愛してくださいます。助けてくださいます。そのことを私たちは忘れないでいたいものです。そして、イエス様に励まされ、イエス様から力を与えられて、これからの人生も力強く歩んで行きたいと思います。

コメントは受け付けていません。