「主に伴われてこの今を歩もう」

コリントの信徒への手紙 二 6章1~2節
イザヤ書 49章7~13節

 

 今日開いたⅡコリント622016年度宣教活動計画案の聖書箇所、説教題は主題です。

 ここでパウロはイザヤ498を引用し、B.C.538バビロン捕囚からの解放の時と彼の生きるA.D.54年頃を重ね合わせています。が、当時は戦争の兆しがあり、パウロ自身も投獄や異端の課題を抱えていました。今日も同様に、国内外の社会情勢もまた私たち一人一人も種々の課題を抱えています。そうした意味で、私たちは常に“途上”を歩んでいると言ってよいでしょう。

 いにしえの預言者は、歴史に働きかけ解放をもたらされた主のみ業に 8「恵みの時」 8「救いの日」を見ました。パウロは、悩みある歴史の只中へと降り立たれ途上を共に歩まれる主イエス・キリストの臨在にそれを見たのです。昼の聖書研究会は、12年半かかって新約の全書簡を読み終えました。その最後に、創造の昔から完成のその時までを導かれる主なる神の栄光に私たちは主イエス・キリストを通して与ることができると告げられていました(ユダ25)。これが私たちに与えられた福音にほかなりません。

 だから 1「神からいただいた恵みを無駄にしてはいけません」と勧められています。 1「無駄に」とは “いたずらに” “目的なく” と訳せます。課題ある途上の今も私たちが派遣されてきた時であること、そして主にあって完成に結ばれていることを仰ぎつつ、大切に歩んでいきたく願います。

コメントは受け付けていません。