「なお、子よと呼ぶ父」

ルカによる福音書 15章11~32節
申命記 21章18~21節

 

 申命記21:18~21には、18「反抗する息子」は集団から21「取り除かねばならない」とのイスラエル人に言い伝えられてきた掟があります。主イエスはこのことを十分ご存知の上で、ある父親の譬を語られました(ルカ15:11~)。

 二人の息子のうち弟は、ふつう死去に際して為される財産分与・処分を生きている父に面と向かって求め、家を捨てて出て行きました。でも放蕩三昧の末すべてを無くしたとき17「我に返」り、自らの居場所は父のもとにしかないことに気づいたのです。もはやその19「資格」はないこと悟った弟は、ただ憐みを乞うよりありませんでした。ところが父はなおこの弟を24「息子」と呼び、大きな喜びをもって迎えたのです。いやそれ以前に、父はこの愚かな息子が帰ってくるのを心待ちにしていたのでした(20節)。

 さてもう一人の息子、兄はこれに我慢がなりませんでした。兄は27「弟」を30「あなたのあの息子」と呼び、同じ家族であることを拒否しました。でも父はこの兄に対しても31「子よ」と呼びかけたのです。この父の姿を通して、主は神を指し示しています。

 恵みの分与に与りながら勝手気儘に歩んだのはこの私であり、神は死んだと公言して欲望の趣くまま走ったのはこの世界ではないでしょうか。正論からいうと、こうした私と世界は21「取り除かねばならない」のです。でも神はなお私を世界を31「子よ」と呼んでその帰還を待ち続けていること、私たちまたこの世界はその正しさによってではなく愚かさを覆う愛によって家族とされることをこの譬は語っています。

コメントは受け付けていません。