「あなたの名を呼ぶ」

ヨハネによる福音書 21章17~23節
イザヤ書 43章1~7節

 

 ヨハネ福音書の謎の一つは、主イエスの受難物語から現れる20「イエスの愛しておられた弟子」(13231926202217)とは誰なのかという点です。伝統的には使徒ヨハネであるとされますが、他の人物だとする説もあります。

 彼が登場する5回の内、4回はペトロと一緒です。かつて三度主を否んだペトロは(13381815~)、ここで主から三度17「わたしを愛しているか」17「わたしの羊を飼いなさい」と赦しと召しを受け、決意を新たにしたのです。その思いを込め19「わたしに従いなさい」との言葉に文字通り従って行こうとしたペトロは、同様に従ってきた彼に気づいて21「主よ、この人はどうなるのでしょうか」と訊ねたのでした。

 彼らがその後どうなったのかは興味深いところですし、自らと他者を引き較べるのは私たち自身よくすることでもあります。実際、今日の箇所に暗示されているように、ペトロは殉教の死を遂げたのに対し(19節)20「愛しておられた弟子」はかなり長生きしたようです(23節)。でもこの時の主イエスの答は22「…あなたに何の関係があるか。あなたは、わたしに従いなさい。」と、ある意味厳しいものでした。

 私たちが辿る生はそれぞれ異なります。他者や環境からの不公正は正されなければなりませんが、私たちはそれぞれの生をしっかり生き抜くべく召されています。ペトロは殉教で閉じられる生をもって主を証しし、20「愛しておられた弟子」は高齢まで働いて証ししました。そして、それらの生は共に祝されていたのです。

 イザヤ43章で、主は 1「あなたはわたしのもの。わたしはあなたの名を呼ぶ。」と告げておられます。私たち一人一人は唯一無二のものとして覚えられ、その生はそれぞれ違いを湛えつつ尊く祝されているのだとの宣言です。

コメントは受け付けていません。