「あなたがたの間に」

ルカによる福音書 17章20~37節
サムエル記上 20章17~42節

 

 大国アッシリアの侵略に人々が動揺したB.C.8世紀、「剣を打ち直して鋤とし、槍を打ち直して鎌とする」究極の平和を主は「終わりの日」にもたらされると語ったイザヤの預言を先週開きました(イザヤ2:1~)。

 そのような20「神の国」はいつどのように来るのかと訊ねられたとき、主イエスは26「ノアの時代」28「ロトの時代」のような悪い時代にも機が熟せば(37節)究極の神の支配は必ず訪れると教えられました。

 また主はここで、21「実に、神の国はあなたがたの間にあるのだ」とも言われています。口語訳で「あなたがたのただ中に」とあったこの箇所が、このように訳し直されていることに留意したく思います。

 サウル王は主から祝されてイスラエル統一王国の初代王となりましたが、次の王となるべきダビデが選ばれるとこれをねたみ、その命を狙うようになりました。しかしサウルの息子ヨナタンはダビデと固い友情を結び、友を父の手から逃がそうとして言いました。23「主がとこしえにわたしとあなたの間におられる」。

 神の国の平和と喜びは、「終わりの日」のへ途上を歩む今にももたらされ、私たちはこれに与りうることを主は教えられたのです。20「見える形では」との語には、“観察する・眺める”との意味があります。傍観していても神の国は見えません。私たちなりの真実をもって他者と出会い関わるなかで、その平和と喜びに与ることができるのです。

コメントは受け付けていません。