「聖別と派遣」

ヨハネの手紙 一 5章18~21節
イザヤ書 43章1~2節

 

 20039月に始めた昼の聖書研究会は、今月ヨハネの第一の手紙を読み終え、もう少しで新約聖書の書簡を読了します。

 ヨハネの第一の手紙は、主イエスの大祭司の祈り(ヨハネ17章)を思わせる言葉で閉じられています。19「この世」は19「悪い者」に脅かされていても、信仰者はその力に打ち勝つ19「神に属」し、その方によって20「真実」へと向けられるのだと語られています。

 主イエスは、信じる者を真理によって聖別するのは聖域に囲い込んで祝福するためではなく、世に遣わして神の御心を顕すためだと祈られました(ヨハネ171519)。この世は罪を抱え反逆を企てつつも、神の大いなる愛を頂いています(ヨハネ316)。

 末尾で21「偶像」を警戒すべきことが告げられています。21「偶像」とは神以外の不真実な諸力であり、19「この世」そして信仰者をも誘惑するのです。命よりも経済を優先する政治と社会のあり様を目の当たりにするとき、偶像礼拝をよくよく警戒せよとの聖書の分析の鋭さ深さを思います。

 主は 1「恐れるな…あなたはわたしのもの。わたしはあなたの名を呼ぶ。」と宣言されます。毎週の礼拝において私たちはこの言葉によって新たにされ、それぞれの世の歩みへと派遣されるのです。

コメントは受け付けていません。