「義とされて帰った者」

ルカによる福音書 18章9~14節
創世記 15章1~6節

 

 飯清牧師(元・霊南坂教会牧師)が1995年に召天された際の告別式式辞で中島正昭牧師(元・教団総幹事)は、“飯先生はなろうと思えば何にでもなれたマルチ人間だったが、豊かな天賦を自分のためにではなく神と教会と宣教のためにのみ用いられた。その飯牧師が徹底した罪の告白を内容とした詩編51編をご自身の告別式の聖書として選ばれたところに、先生の信仰を見る。そしてその信仰のゆえに、神は先生をこのように用いられたのだろう。”と語られました。

 ルカ18:9~14の譬に出てくる二人の祈りの最大の違いは何でしょう。それは10「ファリサイ派」が1112「わたし」を主語にしたのに対し、10「徴税人」は神を主語として祈ったことです。

 イスラエル人の信仰の父祖アブラハムの物語は創世記12~25章に及びますが、伝道者パウロは 6「アブラムは主を信じた。主はそれを彼の義と認められた。」との一句をもってその生涯を総括しています(ローマ4:1~3)。アブラハムとても罪を犯さなかったわけではありません(創世記17:17)。が彼は、そうした破れある者をも真実をもって誠へと導き出してくださる主を仰ぎ、その神に導かれることを喜びとしたのです。

 私たちも自らを振り返るとき、破れを見出さざるを得ません。でもそうした私を携えて進み出るとき、そうした破れある者に真実をもって向き合われ、誠へと導いてくださる主に出会うのです。

コメントは受け付けていません。