「わたしの正義は近い」

イザヤ書 51章4~11節
フィリピの信徒への手紙 4章4~9節

 

 教会暦の1年はアドベントから始まります。今日開いたイザヤ51章は、古来その第1主日に読まれてきました。

 これは約60年に及んだバビロン捕囚の末期に、第2イザヤが告げた預言です。あれほどの力を揮った新バビロニア帝国も今やペルシアの前に滅びようとし、捕囚からの解放が近づいていました。が、民は恐れとたじろぎの中にありました。支配はあまりに長く、11「シオン」(=エルサレム)を知らない人も多かったのです。加えて、その地は荒廃の中にあるとの話も伝わっていました。

 歩み出す力を失った民に、預言者は 9「奮い立て、奮い立て」と重ねて告げました(5117521)。ほとんどの節に「わたし」と繰り返されています。 4「教え」 5「救い」 6「恵みの業」をもたらし、希望への10「道を開」かれるのは主ご自身であるからです。この主が今や大いなる 9「御腕」を振るおうとされている、このことこそ私たちが新たに出発する力だと預言者は語ったのでした。

 フィリピ書簡は、獄中に捕らわれたパウロが書いたものです。にもかかわらず、この 4「喜び」と 4「平和」のトーンはどういうことでしょう。第2イザヤが 5「わたしの正義は近」いと告げたように、パウロも 5「主はすぐ近くにおられます」と書いています。私たちを生かし、支え、導かれる主が生きて働いておられることを仰ぐとき、私たちに新たな希望と力が分け与えられるのです。

コメントは受け付けていません。