宮城北地区の日交換講壇礼拝 「平和の共同体の心得『非暴力』」

ヨハネによる福音書 18111
ヨシュア記 8章1~2節

 説教  小野寺 清栄 牧師 (気仙沼集会所)

 

 ヨシュア記は、神の指示で殺人や略奪を含む暴力を用いてカナンの地を占領していく歴史的記述であるとも読めます。ユダヤ教やキリスト教が正典とし、イスラム教でも重要な書としている聖書になぜこのような記述があるのかという疑問が否応なしに湧いてきます。

 しかし、ヨシュア記には神の箱が出てきます。神の箱には汝殺すなかれ、盗むなかれなどと書かれた律法の大元の十戒が入っています。そして、律法を一つ残らず、イスラエルの全会衆、女、子ども、彼らの間で生活する寄留者の前で読み上げた(8:35)、とあります。

 新約聖書になるとイエスは非暴力を訴えていきます。本日の箇所では、ペトロが剣でイエスを捕まえようとしに来た大祭司の手下の耳を切り落としてしまった時イエスは諫めます。11「剣をさやに納めなさい」と。

 非暴力、これは十戒をみれば明らかですし、イエスの活動、特に十字架から考えると“非暴力”が神の意志とも思えます。放っておくと暴力に走ってしまうのが人間なのでしょうか?だとすれば、十戒を始めとする神のことばが生きるために必要なのかもしれません。“非暴力”も私たちの平和な共同体を作るために必要な神の言葉だと思っています。

コメントは受け付けていません。