「愛するが故に」

ヨハネによる福音書 15章18~27節
エレミヤ書 26章1~11節

 スペイン内戦(1936-1939)とフランコ独裁政権(1939-1969)の時代、この国出身のパブロ・ピカソとパブロ・カザルスはそれぞれの表現を通してファシズムと戦った芸術家として知られます。ピカソは、フランコに味方するナチス・ドイツが1937年地方都市ゲルニカを無差別爆撃したことに対し、大作“ゲルニカ”を描いて不条理と悲劇を訴えました。カザルスは、フランコ政権を諸国が容認したことに抗議し自らのチェロ公開演奏を長い間拒否し続けました。

 18「世」の憎しみを受け十字架へ挙げられることを決意しておられた主イエスは、従う者たちもまた時に20「迫害」を受けることを予告されました。この福音書において18「世」は、神を認めずその働きかけを拒み続けるものとされています(11011等)。にも拘わらず神はこれを愛し続け、イエス・キリストとして世の只中に降り立ち、ついにはその命をも分け与えるのです(316)。その主イエスを18「世」はなぜ憎むのか、それはその真実が18「世」の偽善性・罪をも照らし出すからです(31920)。

 主なる神の導きを忘れて迷走する南王国への裁きの言葉を主から託されエレミヤが語った時、これに激しく反駁したのは11「高官たち」でも11「民」でもなく11「祭司と預言者たち」であったのです。神礼拝すら人間の偽善に染まるその憂いの深さを、預言者エレミヤは見据えて語り続けました(7115)。憂いがいかに深くとも、主の真実は歴史を越えて愛する民を導き出されることを仰いでいたからです。

 私たちが歩む18「世」にも多くの憂いが見えます。と共に信仰者は、その18「世」がそれをも覆う愛を頂いていることを見、み業に参与することを目指すのです。

コメントは受け付けていません。