8月のおたより

 今年の「平和七夕」が無事終了しました。今年は、ヒロシマ・ナガサキ被爆70年、平和七夕40回目ということで、七夕本番に先立ち15日、仙台市福祉プラザにて、歴史紹介や紙芝居の読み聞かせの展示会が行われました。約350名の方が訪ねられたとのことです。

 「平和七夕」本番は6~8日、クリスロード商店街のダイエー前にて行われました。例年以上の暑さでしたが、多くの人出があり、すべて手づくりの折鶴でつくられた吹き流しは注目を集めていました。河北新報やNHKニュースなどでも、繰り返し報道されました。いま、私たちの国は戦争できる国へと変えられていくのではないかとの大きな危機感の中、「ノーモア・ヒロシマ・ナガサキ」「核兵器廃絶」を目指して平和を求める活動は、多くの人の思いに響いたものと思います。

 「仙台平和七夕のブログ」(http://blogs.yahoo.co.jp/ma7143942/)に、詳しい報告があります。ご覧ください。ご奉仕された皆さん、お疲れ様でした。

H兄・R姉の家族 “さくら”
「私も3年前から『ノーモアヒロシマ・ナガサキ』を訴えています」

コメントは受け付けていません。