「この方について行こう」

ルカによる福音書 18章31~43節
出エジプト記 33章18~23節

 

 昨日開かれた、菅英三子姉独唱・佐垣順姉ピアノ伴奏による東北HELP(仙台キリスト教連合被災支援ネットワーク)チャリティコンサートはすばらしい内容でした。加えて東北HELPの活動報告がなされ、理解が深まりました。中で、“被災地の今はどうなっていますか、情報がありません”との声が各地から聞かれると報告がありました。と共に、被災地にある私たちも今の求め・必要を実はよくわかっていないことを思わされます。そして選挙での支持を訴える候補者たちが、どれだけ被災者に目と思いを向けているのかと疑問に思います。

 真に大切なものを選びとれなかった18「ある議員」、三度も受難予告を受けながら34「理解できなかった」弟子たち、そして見えない中を日々歩んでいた35「ある盲人」とは、私たちまたこの世の姿であることに気づかされます。

 38「私を憐れんでください」と叫び続けた35「盲人」に、主イエスは41「何をしてほしいのか」と訊ねられました。明らかと思えることをなぜ訊ねられたのでしょうか。それは、18「永遠の生命」を求めていたはずの者が実は財産を求め(23節)、主に従うことを求めていたはずの弟子が実は地位を求めるからです(マルコ10:35~)。この35「盲人」は率直に41「見えるようになりたいのです」と求め、主がかつて「求めなさい。そうすれば、与えられる。」(11:9)と言われたとおり、見えるようにされたのでした。

 私たちも、見えるようと求めねばならないことを思います。そして本当に求めるならば、主は応えてくださることをこの箇所は指し示しています。

コメントは受け付けていません。