「わたしがそうなのです」

ヨハネによる福音書 9章1~12節
イザヤ書 35章1~10節

 

 2「この人が生まれつき目が見えないのは、だれが罪を犯したからですか。本人ですか。それとも、両親ですか。」、これは大震災発生以来、多くの人々そして私たちから発せられてきた“なぜ”との問いです。これに対し主イエスは 3「本人が罪を犯したからでも、両親が罪を犯したからでもない」と明確に述べられた上で、 3「神の業がこの人に現れるためである」と不思議な答をされました。

 まず、これはなんとも割り切れない答だと思います。当時のユダヤ社会でもそして今日にも見られるように 2「本人」だ 2「両親」だとしてしまえば、不承不承でも割り切れるかもしれません。でも主イエスは、そうなさいませんでした。そして次いで気づかされるのは、主イエスが過去を問うのではなく、未来を志向するところから答えられていることです。

 割り切ってああそうかと通り過ぎるのではなく、なお問いの前に佇むことの大切さが示されているように思います。生は過去からの因果律で支配されているわけではなく、人知を超える不思議さも起こり来るのです。それを生起させられる 3「神の業」を仰ぎ見ようと、主イエスは教えられました。

 彼は主イエスの業によって 7「見えるように」され、ファリサイ派の圧迫にあっても(2234節)神の業を顕わされた主イエスに従い証しし続けました(1730333539節)。 9「わたしがそうなのです」とは、主イエスが繰り返しご自身を顕わされたときの言葉と同じです(426635858等)。 3「神の業」は確かに 2「この人」に現れたことを知ります。そしてその業は今も働き、私たちを希望へと導くのです。

コメントは受け付けていません。