「わたしは命のパンである」

ヨハネによる福音書 6章34~59節
イザヤ書 53章1~6節

 

 五つのパンと二匹の魚で満たされた人々が追い求めてきたとき、主イエスは主なる神そしてご自身が為し続けておられる神の国を目指す業にあなたも加わりなさい、それこそが27「いつまでもなくならない…食べ物」としてあなたを真に生かし続けるのだと教えられました(2233節)。先週触れたとおりです。

 34「そのパンをいつもわたしたちにください」と主に倣って私たちも歩みたいと願った人々に、主イエスはこの私を食べよと言われました。主なる神そして主イエスに連なって働き真の命に生きるためには、罪という断絶を超えて“キリストと一つ体となる”(聖餐式式文)ことが必要であったからです。

 35「わたしが命のパンである」とのこの言葉は、ひどく不興を買いました(41節~)。しかしこの主イエスの言葉には、あなたがたが真の命に生きるためならば私が犠牲になろうとの十字架へと向けた大いなる決断と招きがあったのです(3840節)。

 主イエスの十字架の恵みにあずかる者は、こうして主なる神そして主イエスが目指しておられる神の国への働きに参加するのです。ゆえに主イエスは「わたしがあなたがたを愛したように、互いに愛し合いなさい。…あなたがたはわたしの友である。」(151214)と言われました。今日歌う讃美歌419にも、“主は…その身をパンとして与えてくださる” だから “さあ、共に生きよう” と呼びかけられています。

コメントは受け付けていません。