「あなたの救いを見た」

ルカによる福音書 2章22~35節
イザヤ書 49章13~16節

 

 ユダヤ人には、生後40日の子を主に奉献するしきたりがありました。この日、両親ヨセフとマリアに連れてこられたイエスに出会った老人シメオンはこの幼子こそ救い主であることを悟り、幼子を抱いて31「万民のために整えてくださった救い」に感謝したのでした。エルサレム神殿では毎日こうした奉献の光景があったであろう中、幼子イエスを見逃さなかったのは不思議なことでした。そこには26「聖霊」の導きがあったに違いありませんが、加えて彼が慰めの到来を25「待ち望」んでいたことが与っているのではないでしょうか。

 B.C.6世紀、都エルサレムの荒廃に人々が14「主はわたしを見捨てられた」と嘆いたとき、預言者第三イザヤは13「主は御自分の民を慰め」てくださる祝福の光景を語りました。都の荒廃は主を忘れた民の罪が招いたものでしたが、母がわが子を慈しむその愛をもって(15節)神が必ず罪を赦し回復を与えてくださることを仰いだのです。

 シメオンが生きてきたのは、ヘロデ大王がローマ帝国の力を借りて王朝を築いた血なまぐさい時代でした。ですが彼は過去にではなく、将来に約束された希望に眼差しを注いでいました。その眼差しゆえに彼は救い主を見出し、晩年になお希望を歌い得たことを思います。来たる新しい年にも多くの課題が横たわっているのが見えます。と共に、そうした世界の中に主が降り立たれ、救いと完成の約束が与えられていることに目を向けて歩みたく思います。

コメントは受け付けていません。