「床を担いで歩きなさい」

ヨハネによる福音書 5章1~18節
ネヘミヤ記 9章26~31節

 

 2「ベトザタ」とは“恵みの家”という意味ながら、病人やしょうがい者が癒しを求めて 4「真っ先に水に入る」(新共同訳p.212)ことを相争う場となっていました。ここで 6「良くなりたいか」と主イエスに語りかけられた病人は、答える代りに自らの窮状を訴えたとあります。宗教改革者J.カルヴァンは、彼は38年も待ち続けて神にも大きな期待をしないようになっているのだ、そしてそれは今日の私たちと同様なのだ、と注解を加えています。

 主イエスは 8「床を担いで歩きなさい」との言葉と共に彼を癒し、立ち上がらせました。が、今度はそれが 9「安息日」をめぐる律法を破ったとして、ユダヤ人からの迫害を招くこととなったのでした。

 8・11・12「床を担いで歩きなさい」との言葉が繰り返されています。それは、束縛や依存から離れて一人一人がしっかりその道を歩き出すことこそ、神そして主イエスが望んでおられることだからです。14「神殿」で癒した彼に再会した主イエスは14「あなたは良くなったのだ。もう、罪を犯してはいけない。」とたしなめられました。せっかく束縛・依存から解放されても、人はその恵みを忘れてたやすく逆戻りするのです。故意かどうかはわかりませんが、彼の通告によって18「ユダヤ人たちは…イエスを殺そうとねらうようになった」のでした。

 ネヘミヤ926~は、イスラエルの歴史に繰り返された愚かさへの逆戻りを指摘しつつ、その民を捨てようとはなさらなかった神の31「恵み」と31「憐れみ」を指し示しています。その神の意志を体現して主イエスは、十字架へと進まれました。その犠牲は、愚かさを重ねる私たちが14「良くなっ」て喜ばしくその道を進みゆくためであったことを心に刻みたく思います。

コメントは受け付けていません。