2月のおたより

 立春を過ぎましたが、まだまだ寒い仙台です。教会の仲間の中でも体調を崩しておられる方がおられます。お一人お一人に主のまもりを祈ります。

 久しぶりに教会に来られた方は、門をくぐって“あれ、なんか違う?”と思われるかもしれません。先日、前庭の鉄製・木製遊具、うさぎ小屋を撤去しました。幼稚園の子どもたちが親しみ、最近ではめぐみの森活動に集まる子どもたちが遊んでいたこれらが無くなったのはさみしい思いもしますが、老朽化も進み危険も心配されることから、踏み切りました。

 その分、庭が広く感じられます。日曜日をはじめ教会活動時には、これまでより多くの駐車が可能となります。

 木製遊具の太い丸太は、業者さんが適当な大きさに割ってくださいました。これから順次ジレットハウスに運んで、ストーブの薪としてもうひと働きしてもらいます。

 下は、幼稚園を閉じる際の記念として作成したクリアファイルの画像です。C姉が描いてくださいました。遊具はもうありませんが、これからもみんなが神さまのめぐみのもと喜ばしく集う場として活用していきたく願います。

 

コメントは受け付けていません。