「わたしの時はまだ来ていません」

ヨハネによる福音書 2章1~11節
コヘレトの言葉 11章1~2節

 

 当時 1「婚礼」は大きな喜びのときであり、1週間以上も祝宴が続くことがあったといいます。ところがその途中で、喜びを分かち合うぶどう酒がなくなってしまったのです。一見些細なことに見えつつ、これは私たちにも起こり来たる思いがけない試練や窮地を指していましょう。4年前突如襲った大震災の日々を思い起こします。

 母マリアがこのことを告げたとき、主イエスは 4「わたしの時はまだ来ていません」と答えられました。この福音書には「わたしの時」「イエスの時」「人の子が栄光を受ける時」といった表現が繰り返し現れ(76308201223131等)、それは主イエスが自らの命を捧げて救いを成し遂げられる十字架の時を指しています。

 しかしそう語られながらも、主イエスは召し使いたちが汲んだ水を用いて、これをぶどう酒に変えられました。喜びは無事分かち合われたのです。このことを福音書は11「最初のしるし」11「栄光」と表現していますが、これは華々しい奇跡を指していません。主イエスが世と生ける者を祝福へと招き帰すべくその業と命を注ぎ出されたことを意味しており、その一つ一つは十字架へとつながっているのです。

 主イエスは 4「わたしの時」に備えつつも、それまでに出会った一人一人をも祝福へと招いてくださいました。似たことを私たちも震災のときに体験しました。いざという時にこそ働きたいと願っても、日頃の備えがなければ特別なことはできないのです。むしろ平時に何に目を注ぎ、何を大切なこととして生きるかがあの緊急時に問われたことでした。与えられた今を大切に生きることが、“その時”に生きるのだと教えられます。

コメントは受け付けていません。