「老人が歌うクリスマス」

ルカによる福音書 2章22~38節
エレミヤ書 31章7~13節

 

 讃美歌180は、老シメオンが幼子主イエスを腕に抱いて歌った言葉(2932節)が詞となっています。ラテン語の初行から、ヌンク・ディミティス(Nunc Dimittis)と呼ばれます。“今こそ去らせてください”という意味ですが、そう歌いつつこの箇所に現れる二人の老人は希望と平和にあふれています。

 生後40日後、主イエスは両親に抱かれて神殿に連れてこられました。初めて生まれた男の子はまず神に捧げられ、24「いけにえ」をもって買い戻すという律法の規定があったためです。24「山鳩一つがいか、家鳩の雛二羽」というのは、本来の小羊を献げることができない人のための代用品でした。

 貧しい若夫婦によるありふれた奉献の光景であったはずです。が、これに目を留め進み出たのが、老シメオンとアンナでした。25「聖霊」が二人を駆り立てたのだといいます。二人は、この生まれたばかりの幼子に25「イスラエルの慰め」さらには31「万民の…救い」を見た、と語っています。二人は老人でしたから、主イエスが宣べ伝える言葉も聞かず、十字架も復活も見ることなくその生涯を終えたことでしょう。が、「はるかにそれを見て喜びの声をあげ」(ヘブライ1113)たのでした。

 預言者エレミヤは主なる神を忘れて迷走する南王国ユダへの裁きを語りつつ、そうした民を神は捨てることなくついには祝福へと導くことを告げました。今日開いた箇所はその頂点、31「新しい契約」の一部です。祝福の13「そのとき」がいつなのかは、エレミヤ自身も知りませんでした。が、神の約束は必ず果たされることを仰いだときに、その祝福はエレミヤの眼前に広がったのです。

 神の約束を仰ぎ続けたこと、これがシメオンとアンナの希望と平和の源泉でした。二人は幼子イエスを腕に約束の成就を予感しつつ、その喜びを分かち合ったのでした。

コメントは受け付けていません。