2014 クリスマスメッセージ

 先日、280円で買い求めた中古CDにJ. レノンの “Happy Christmas(War Is Over)” が入っていました。1969年のクリスマス、レノンとヨーコは世界11カ国の街頭に、“戦争は終わった!、あなたが望むなら。ハッピークリスマス!。”との街頭広告を掲げました。そして1971年、このメッセージを曲にしたのでした。当時はベトナム戦争の只中でした。でも、みんなが望むなら戦争は終わるんだ、あなたはどんなふうにクリスマスを迎えるの ? 、という強いメッセージを感じます。

 上の絵は、15世紀フランドル派の画家H.グースによる“東方三博士の礼拝”の一部です。博士は天体観測や魔術に従事した当時第一級の知識人・技術者でした。その博士が乳飲み子をうやうやしく礼拝するのを、周りの人々が不思議そうに眺めています。寒村ベツレヘムに誕生された救い主に出会ったとき、博士は神がこうして乳飲み子としてこの世界に来られたことに真の希望と平和への道を見出したのでした。人間の知識・技術は世界を豊かに便利にしても希望と平和を約束はしないこと、それらは人知を超えた者の慈しみと指し示しにこそ与えられることを知り、博士は乳飲み子を拝したのです。

 クリスマスはよろこびの時であると共に、その時をどのように迎えるのかを私たちに問いかけます。この出来事に与えられた希望と平和への指し示しを共々に受けとめたく思います。

コメントは受け付けていません。