「この希望によって」

イザヤ書 11章1~10節
ローマの信徒への手紙 8章18~25節

 

 1「エッサイ」とはイスラエル・ユダ統一王国を打ち立て興隆に導いたダビデ王の父ですが、彼自身は寒村ベツレヘムに住む名もない人物でした(サムエル上16章)。ダビデ王の2代後の時代に王国は南北に分裂し、周囲の大国に翻弄されるようになります。預言者イザヤが南王国ユダでこの預言を語ったのはB.C.8世紀、ダビデ王から数えて1314代目の王の時代でした。王は大国の間でうまく立ち回ることに腐心し、国内は乱れていたようです。

 1「株」とは、この王朝が切り倒されることを意味しています(1034)。預言者イザヤはみ旨によってやがてこの王国が滅び、やがて 1「若枝」すなわち新たな王が現れることを語りました。あえて 1「エッサイ」まで遡っているところに、ダビデ王とは違う仕方で国を導くことが示唆されています。

 この王は 2「主の霊」に導かれ 5「正義」と 5「真実」をもって 4「弱い人」を支え、ついには究極の平和と共生を実現される(610節)と告げられています。 

 700年後、新約の時代に至り、この預言は主イエス・キリストの救いの業を指し示すものと理解されるようになりました。主イエスは降誕して世を慰められると共に、神の国の成就を約束されました。主イエスの業によって、悩みある今は完成の希望へとしっかりと結びあわされたのです。時代の課題の中で私たちを含め22「被造物」は23「うめき」を抱えていますが、神は十字架の受苦をもってこれを共にしつつ(26節)完成の21「栄光」を仰がせてくださいます。今の苦闘は無意味ではないのです。今日から始まるアドベント(待降節)は、クリスマスの降誕を待つと共に完成の希望を仰ぐ時でもあります。

コメントは受け付けていません。