「悪霊はどこに」

ルカによる福音書 8章26~39節
ゼカリヤ書 13章1~2節

 

 22「向こう岸に渡ろう」と嵐のガララヤ湖をも越えて主イエスがやって来られたのは、この地にも主の癒しを必要とした人がいたからでした。

 27「悪霊」が名乗った30「レギオン」とは、6000人から成るローマ帝国の軍団の名です。すなわちこの人は強大な非人間的力に捕らえられ、他者からのさらには自己からの疎外に苦しんでいました。主イエスは悪霊を豚の中へと追放され、この人を解放されたのでした。

 このとき悪霊は根絶やしにされた訳ではありませんでした。その力は仲間の解放を共に喜べなかった村人(37節)に及んだのかもしれませんし、この後主イエスを憎む者また弟子たちや群集にも働いて真理を証しする主イエスを十字架につけていくのです。その悪しき支配は主イエスの十字架の贖いと復活によって打ち破られましたが、その残滓は主なる神による完成の時までなお世界と生けるものを縛り支配しようと狙っていることを私たちは警戒せねばなりません(ゼカリヤ13:2)。

 ファンタジー文学を特集した『信徒の友』 2018年11月号でM.エンデの『モモ』が紹介されていました。少女モモがみんなの豊かな時間を取り返すべく対決した時間泥棒のことを、紹介者は今日のインターネット技術になぞらえていました。インターネットは一般人が国家や権力者に対抗するための有用なツールとしても機能していますからそうとも言い切れませんが、アメリカをはじめとする国々が運用するエシュロンのシステムによって世界中の通信が傍受・管理されているといった報道に触れるにつけて、祝されるべき命を支配しねじ曲げていこうとする27「悪霊」の脅威はなお今日的なことであることを思うのです。

10月のおたより

近年子どもが少なくなって、教会学校の礼拝がさびしくなっていました。でも考えてみれば、礼拝には子どもも大人もなくみんな神さまの家族!ということで、5月より“めぐみの礼拝”と名づけて誰もが参加できる礼拝としてリニューアルしました。

 世界のさまざまな賛美を取り入れてみる、聖書も出席者に読んでもらう、献金にあわせて一週のふり返りと分かち合いの時をもつ、などみんなでつくりあげる親しみやすい礼拝を心がけています。聖書箇所も歌詞もプログラムにプリントするようにしたので、あちこちめくることもなく、スムーズに礼拝が進むようになりました。

 今、お話は使徒言行録から引き続いて、教会草創期の信仰者の歴史を辿っています。

 こうして教会学校スタッフのほかに、早く教会においでになった大人の方も参加くださるようになってきました。あと、子どもたちがうれしく集うようになってくれたらいいなぁ、というのが祈りであり願いです。

「わたしの母、わたしの兄弟」

ルカによる福音書 8章19~21節
創世記 2章18~24節

 

 創2:18~は、結婚式の準備会の際に開く箇所です。18「人が独りでいるのは良くない」18「彼に合う助ける者」と、人のつながりについて多くを教えられます。また24「男は父母を離れて女と結ばれ、二人は一体となる」とあります。それまで育ってきた血縁の絆は尊く強いものですが、人格・愛の関係はそれを越えて二人を結び合わせていくのです。

 主イエスにはヤコブ・ヨセ・ユダ・シモンという弟が、また妹もいたと福音書にあります(マルコ6:3)。その兄弟らと母マリアが訪ねてきて面会を求めたとき、主イエスはそれにすぐには応えずに21「わたしの母、わたしの兄弟とは、神の言葉を聞いて行う人たちのことである」と言われました。

 この章では神の言葉が実りに向けて蒔かれていること(4節~)、18「どう聞くべきかに注意」すべきことが告げられていました。そして21「神の言葉を聞いて行う」ことこそ、神と深く連なる道であると主イエスは教えられたのです。

 主イエスは「アッバ、父よ」(マルコ14:36)と祈られました。「アッバ」は幼児語、言わば“お父ちゃん”です。同じように、私たちも主イエスに連なる家族として神を求め祈ることができるのだと、伝道者パウロは告げています(ガラテヤ 4:6)。

世界聖餐日礼拝 「ともし火を信頼して」

ルカによる福音書 8章16~18節
エレミヤ書 1章9~12節

 

 暗闇に身を置く経験をされたことがあるでしょうか。そこで灯される光は小さなものであっても、私たちを力づけてくれます。ここの16「ともし火」は18「どう聞くべきか」とあるように、11「神の言葉」のことです。

 先週開いた4節~とも重なりますが、私たちは日々どのようにみ言葉を聞いているでしょうか。東日本大震災発生直後3月13日の礼拝は、なんとか集い得たメンバーで停電の中まもりました。特別なことがなされた訳ではありませんでしたが、み言葉また聖餐のパンと杯に心が震えたことを思い起こします。

 18「持っている人は更に与えられ…」とは、み言葉をわが身に受けとめこれを生きる者は真の意味で富む者となり、これを顧みない者は乏しくなるとの意味です。エレミヤは春を察知しその訪れを告げる11「アーモンドの枝」に必ず12「成し遂げ」られる主のみ旨を見て、旧約の歴史に名を刻む預言者に立てられていきました。

 17「隠れているもので、あらわにならないものはなく…」と、16「ともし火」なるみ言葉はいくら押し止めようともそれを撥ね退けついにはすべてを照らすのだと主イエスは教えられました。希望のゴールを照らし出す16「ともし火」なるみ言葉を信頼し、力づけられて今を歩み行きたく願います。