「賜物としての食物」

マルコによる福音書 7章14~23節
コヘレトの言葉 9章7節

 

 マルコ 7章には、 1「ファリサイ派の人々と…律法学者たち」と主イエスとが激しく対立したことが記されています。事は、何をどう食べるかについてのユダヤ人の慣わしをめぐってでした。主イエスはこれらが10「モーセ」の律法に遡ることを認めつつも、ファリサイ派らがそれらを私物化し他者を貶めていると厳しく戒められました。次いで食べ物は19「人の心の中に…ではなく、腹の中に入」るのだから、人を汚し得ないのだと主イエスは宣言されたのでした。

 コヘレトの言葉は人生の空しさを様々な角度から論じ続ける特異な書物ですが、神の恵みのもとに食べることについてはこれを讃えています(2:24、3:13、5:17、8:15)。そして、 7「さあ、喜んであなたのパンを食べ、気持ちよくあなたの酒を飲むがよい。あなたの業を神は受け入れていてくださる。」と呼びかけるのです。但し貪欲や不公正なあり方は退けられており、(5:11・16、10:16)、食べることがいずれも神の祝福と結びあわされていることに留意すべきでしょう。

 今日私たちは飢餓と飽食、さらには食物の極端な商品化の時代に生きています。食物の基礎である“種”は今、一代しか収穫できないF1種が主流となり、遺伝子組み換えがなされ、一部企業による寡占化が進んでいます。日本では今年これに迎合するように、原種を都道府県が大切に管理するという “種子法” が廃止されてしまいました。

 食物は神の祝福・賜物であり共々に分かち合うべきものとの聖書のメッセージは私たちの生き方の指針であると共に、今日の世界に対する警告でもあります。主イエスは20「人から出てくるものこそ、人を汚す」と言われました。神の祝福をも侮り変質させていく人の罪・世の罪を警戒せねばなりません。

8月のおたより

 梅雨のはじめの頃には蒸し暑かった仙台ですが、ここにきて涼しい(寒い?)日が続いています。お米をはじめ、農作物への影響が心配です。

 さてそんな中ではありますが、こども活動「めぐみの森」は今年も「夏まつり」を開催します。26日(土)14:30~16:00、わたあめ・ジュース・ケーキ・スーパーボールすくい・工作コーナー・めぐみ劇場などなど楽しいコーナーが用意され、100円のチケットで全コーナーをまわることができます。ホール内で行いますので、雨でも心配ありません。

 この8月中旬から、園舎改築中の共同保育所「ちろりん村」さんが一時的に越してきて教会内で日々の保育を行っています。来年3月までの予定です。この子どもたちやおうちの方も来ていただけるとうれしいですね。どなたもおいでいただけます。おいでになりませんか。楽しみにお待ちします。

過去の夏まつりから

「通り過ぎられる主イエス」

マルコによる福音書 6章45~52節
出エジプト記 33章18~23節

 

 五つのパンと二匹の魚とで五千人以上を養われた(30~44節)後、主イエスは弟子たちと別行動をとられました。使徒たちの派遣(7~13節)に続き、やがては彼らだけで宣教しゆく時を見据えて訓練をしているようにも見えます。

 しかし漕ぎ出した舟は48「逆風」に阻まれ、弟子たちは苦闘していました。ご覧になった主イエスは48「湖の上を歩いて」そこにおいでになりつつ、48「そばを通り過ぎようとされた」というのです。一方、弟子たちは主イエスを見誤り幽霊だと恐れたのでした。

 旧約には、主が通り過ぎられたと記された箇所があります(出33:18~、王上19:9~)。モーセ・エリヤがいずれも窮地にあった時、主はすぐそばを通り過ぎることでその臨在を示され、彼らを立ちあがらせたのでした。

 その後、主イエスは50「わたしだ」と弟子たちを励まされました。これは十字架への捕縛において「わたしである」(ヨハネ18:5・6・8)と宣言されたときの言葉と同じであり、さらには主なる神がモーセに「わたしはある」(出3:14)とご自身を顕わされたことに重なります。

 主イエスの昇天の後、自らだけで歩み出した弟子たちは逆境に立たされた時、この出来事を思い出したのではないでしょうか。怖じ惑いそうになるときも主は近くにおられ、御業を顕わしてくださると。この主の臨在に導かれ励まされ、代々の信仰者たちはそれぞれの時代を漕ぎ進んでいったのです。

平和主日礼拝 「平和をつくり出す人」

エフェソの信徒への手紙 2章14~22節
エゼキエル書 22章23~30節

 

 主イエスは「平和をつくり出す人たちは、さいわいである」(マタイ5:9、口語訳)と教えられました。しかし“積極的平和主義”といった言葉のもと軍事力が展開されるような今日にあって、語られる“平和”の意味は一様ではありません。主はこの言葉で何を指し示されたのでしょうか。

 英訳聖書はここに“peacemaker”との語を充てています。辞書を開くと、“調停者、仲裁人”とあります。旧約には、神と民との間で調停をしようとした人物が出てきます。アブラハムはソドムとゴモラのために「あなたは、正しい者を悪い者と一緒に滅ぼされるのですか」(創18:23)と食い下がりました。出エジプトの指導者モーセも、過ちを犯した民もまた「あなたの民」(出33:13)なのですと旅路に同行を求めました。

 一方、今日開いたエゼキエル22:23~では、主が30「石垣の破れ口に立つ者を…探し求めた」とあります。B.C.6世紀、不正・強奪・抑圧が横行する南王国ユダにあって、その30「破れ口に立」って繕う者を求めたけれども30「見いだすことができなかった」のでした。こうして主の31「憤り」が下り、国は滅亡、民は捕囚に囚われていくことになります。2500年前のこの警告は、今日私たちのの世界にも向けられているのではないでしょうか。

 人と人のそして人と神の破れ口に立ち続け、ついに十字架へと登られたのが主イエスです。その業によって14「敵意という隔ての壁」は砕かれ、人と人がまた人と神が共に生きる道が拓かれたのだと告げられています。伝道者パウロはこの主に出会って、当時のユダヤ人と異邦人の破れ口に立ち橋を架ける働きに生涯を捧げました(Ⅱコリント5:18~等)。今日も様々なところに破れ口があります。そこに立ち、執り成そうとする者を主は探しておられる、その者には主イエスに連なる祝福が共にあるのだと呼びかけられています。