「しかしバルナバは」

使徒言行録 9章26~31節
列王記上 19章8~13節

 

 人知を超えた主の召しにより(915)主イエスを信じ宣べ伝える者とされたサウロ(=パウロ)は26「弟子の仲間に加わろうと」しましたが、26「皆は…信じないで恐れた」のでした。かつて激しく迫害を加えた者だったのですから(81、フィリピ36)、それは無理もないことでした。

 27「しかしバルナバは」彼の言葉に耳を傾け、仲介の労をとったのです。こうしてパウロは教会の群れに迎えられたのでした。バルナバはこの後も、異邦人教会として発展しつつあったアンティオキア教会にパウロを紹介し(1125)、やがて二人はこの教会から第一伝道旅行に派遣されることになります(132)。このようにパウロが伝道者として立っていく上で、バルナバは大切な導き手また同労者となったのでした。

 彼の本名はヨセフで、バルナバは「慰めの子」(436)という意味のあだ名です。「慰め」(パラクレーシス)には、“傍らに” “呼ぶ” との意味があり、自らの活躍もさることながら他者の自立と活躍を援けることに骨を折るような人物だったことを思わせます。

 先入観、固定観念から解き放たれるのはなかなか難しいことです。旧約の預言者エリヤは疲れ果てた中で、主の声を聞きました。それはふつう神が顕現される11「風の中」11「地震の中」12「火の中」からではなく、12「静かにささやく声」(原意は“沈黙の声”)として与えられました。自らの耳・目だけを信じることなく、他者また主なる神の声を聞き分け得る開かれた思いを与えられるよう祈りたく思います。

「あなたが迫害しているイエスである」

使徒言行録 9章1~19節
詩編 86編1~13

 

 キリスト者を激しく迫害していたサウロ(=パウロ)が、世界伝道の器へと(15節)回心を遂げていった箇所です。“回心・悔い改め”を意味するメタノイアの原意は、視点・思い(ノイア)を変える(メタ)ということです(マルコ115)。では、このときからサウロの生き方はどのように変わっていったのでしょう。

 彼が迫害に熱心であったのは、キリスト者は神の民イスラエルの救いの根拠を破壊し、自らを含め救いに入れられるための努力をないがしろにする者と映ったからでした。パウロ自らこのことを振り返っているガラテヤ113~において、回心を境に主語が“わたし”から“神”に変わっていることは重要です。彼は自らの努力に先立って、生かされている恵みにこそ生の根拠があることを見出したのです(フィリピ312)。

 またローマ321~、ガラテヤ323~など、パウロは主イエスが来られた以前・以後で歴史を分けて記します。降誕を遂げ十字架でその命をも分け与えられたことに神の歴史への大いなる介入を、そして救いの礎があることに目を開かれたのでした。人が大いなる祝福へとつながれゆく救いは自らの努力の向こうにではなく、「何の差別も」ない(ローマ322)神の大いなる愛によると知ったパウロは、この招きを告げ知らせるべく、異邦人伝道へと立っていきました。

 「わたしは、だれに対しても自由な者ですが、すべての人の奴隷になりました。…福音のためなら、わたしはどんなことでもします。」(Ⅰコリント91923)とは、主イエスの十字架に従おうとするパウロの信仰の告白です。主の恵みを知らされ救いへと招かれた者は、変えられたその生き方を主に捧げゆくのです。

「記念の名を刻む」

使徒言行録 8章26~40節
イザヤ書 56章1~8節

 

 27「エチオピア」とはエジプトの南、現在のスーダンのあたりにあった王国を指します。当時の地中海世界の人々にとっては地の果てとも言うべき所であり、そこからこの高官ははるばるエルサレム神殿まで礼拝に来ていたのです。熱心に神を求めつつも、彼には憂いがありました。律法によれば27「宦官」は主の会衆に加わることはできなかったからです(申232)。

 その彼のもとにフィリポが遣わされました。フィリポは 2「大迫害」によってエルサレムを追われたヘレニストキリスト者の一人です(65)。主のみ旨・導きが、二人を出会わせたのでした。

 この高官が30「イザヤの書」を手にしていたのは、偶然ではなかったのかもしれません。イザヤ56章には、異邦人そして宦官も熱心に求めるならば主の祝福へと迎えられ 5「とこしえの…記念の名」が刻まれるとの慰めの預言があるからです。

 高官はこのとき、イザヤ53章“苦難の僕”の箇所を朗読していました。フィリポはこれは十字架の主イエスの預言にほかならず、その犠牲によって救いの道がすべての者に開かれたことを説き明かしました。35「福音」を受けとめた高官は主イエスの名による37「洗礼」を受け、39「喜びにあふれて」国に帰ったのでした。

 使徒言行録における、最初の異邦人キリスト者の誕生です。福音は「あらゆる国の人々に宣べ伝えられる」(ルカ24:47)、「あなたがたは…地の果てに至るまで、わたしの証人となる」(1:8)と主イエスが言われた神の計画と、その神を求める異邦人の熱心が交わったところにそれは起こったのでした。 5「とこしえの…記念の名」を刻みたいとの神の働きは、今も進んでいます。

7月のおたより

 当教会には、主日礼拝に用いるドイツ、シュッケ社製パイプ・オルガンのほかに、6台のリード・オルガンがあります。これまでの歴史の中でそれぞれに用いられてきた由緒あるオルガンですが、故障して十分に弾けるものはありませんでした。

 最近になって、教区センター・エマオで、リード・オルガンのメンテナンス・修理の講習会が始まりました。リードオルガン・ドクターとして知られる伊藤信夫さんが、お住まいの東京から通って、熱心に指導くださっています。当教会からM姉・K兄が参加しています。

 そうした取り組みの中で当教会の1台がエマオに運ばれ、修理・調整されて再び礼拝堂に設置されました。この10日にはロビーコンサートを開き、このオルガンの音色に合わせてみんなで讃美歌を歌いました。

 今後、聖歌隊の奉仕時には、このオルガンを用いることとしました。パイプ・オルガンとリード・オルガン、それぞれの音色で主を賛美できることをうれしく思います。

「危機からの出発」

使徒言行録 7章54節~8章4節
アモス書 3章3~8節

 

 聖霊降臨の出来事以来、都エルサレムでは弟子たちの大胆な伝道とユダヤ教当局者らによる捕縛・弾圧が繰り返されてきました(41~、517~、612~)。ステファノが捕らえられた時それは発火点を越え、彼は最初の殉教者となったのでした。さらにこれをきっかけに1「大迫害が起こり」、聖霊によって世の只中への宣教へと派遣された教会の歩みは大きな危機に立たされたのでした。

 使徒言行録はこのことを記しつつ、この危機が新たな歩みへの出発点になったと語ります。

 58「サウロ」(=パウロ)がここで初めて現れます。彼はこのときキリスト者を迫害する側の一人でしたが(581節、フィリピ36)、やがて主に捉えられその世界伝道の器とされていくのです(91~・15)。

 1「大迫害」が吹き荒れる中、 1「使徒たち」はなんとかエルサレムに留まり得たようですが、他のヘレニストキリスト者たちは 1「ユダヤとサマリアの地方に散」らされていきました。が、この後記されるように、迫害され散らされた信仰者たちによってユダヤ人以外の外国人=異邦人への伝道が始まっていくのです(826~)。

 主は危機の中から新たな業を起こし、名も記憶されない小さな者を用いてその大いなる働きを進められます(1119~)。すべてをみ手に治め取り用いられる主に導かれ支えられて(アモス338)、教会と信仰者の歴史は刻まれ、今日に至っています。

「旅路を歩む神の民」

使徒言行録 7章1~10節
イザヤ書 41章8~10節

 

 6章冒頭には、発展に連れ教会には 1「ギリシア語を話すユダヤ人」(ヘレニスト)も加わってきたとあります。 1「ステファノ」はそのグループで指導的役割を担った信仰者でした(65)。

 捕縛され立たされた最高法院で、彼はイスラエル人の父祖 1「アブラハム」から起こして主イエスに到る神の救いの歴史を語り始めました。アブラハムが神の約束と 8「契約」を信じて行き先を知らない旅に出たこと、これは壮大な神殿に依り頼んでいた 1「大祭司」らへの痛切な批判でもありました(5節)。その曾孫 9「ヨセフ」がエジプトへと追いやられた時も、 9「神はヨセフを離れ」なかったのです(イザヤ4110)。

 同志社は今年3月、ごみを不法に処理し続けてきたことで刑事処分を受けました。法人第三者委員会による調査報告書では、拡大・複雑化した学園にあっての当事者意識と相互チェック欠落の問題点がきびしく指摘されています。創立者新島襄が遺言で、“同志社は隆なるに従ひ機械的に流るるの恐れあり”と語っていたことを思い起こすべきでしょう。

 使徒言行録は「ある者は…受け入れたが、他の者は信じようとはしなかった」と、宣教の厳しさを描いて閉じられます(2824)。これは、意見が「一致しない」(同25節)世にあって、教会はその業を受け継ぎ派遣されゆくことを指し示していましょう。主の希望の約束のその日まで、教会と信仰者は旅路を歩み行くのです。